韓国俳優プロフィール情報1のTOPに戻る
「韓国俳優プロフィール情報1」トップ >  パク・ギウン  > 韓国俳優 パク・ギウン(パク・キウン) プロフィール


韓国俳優 パク・ギウン(パク・キウン) プロフィール

韓国俳優 パク・ギウン(パク・キウン)のプロフィールです♪

ハングル 박기웅
英語 Park kiwoong
お誕生日 1985/2/13
出身地 慶尚北道 安東市
血液型 O型
身長 182cm
体重 68kg
2013/4
韓流 T.O.P

出演作品

2005 映画 「怪談 壱 病院怪談」
2005 映画 「ケンカの技術」
2005 MBCドラマ 「別巡檢 第2話」
2006 映画 「同い年の家庭教師2」

2008 MBCドラマ「ラブトレジャーー夜になればわかること」ホ・ギュン役
2008 MBCドラマネット「ソウル武林伝」

2009 KBS月火ドラマ「男の物語
2009 KBS水木ドラマ「天下無敵イ・ピョンガン」チョ・ソンイン役

2010 MBC連続ドラマ「黄金の魚」ハン・ガンミン役

2011 SBS金曜日ドラマ「ザ・ミュージカル」ユ・ジン役

2012 KBS2水・木ドラマ「カクシタル」キムラ・シュンジ役

2012 SBS PLUS「フルハウスTAKE2

2013 KBS2ドラマ「グッド・ドクター

☆ここからは2012/9/27に配信された記事からです(カクシタルのネタバレが一部あります)

パク・キウン 演技の ‘テクニシャン’を夢みる

この男,魅力的だ できなくて少しは驚くべきだ.名場面は彼の緻密な計算の下、作られたことで,気丈夫な話術と驚くべきな吸入力で向い合っているのだけでも気持ち良くする.

最近終映された KBS 2TV ドラマ ‘カクシタル’でキムラ・シュンジ役で熱演を広げた俳優パク・キウンに会った.まだドラマの余韻があるのにパク・キウンはたまに 地の姿に帰って自分の話を聞かせた.マネージャーを出してただ二人の向い合ったパク・キウンはインタビューもまるでドラマを撮るように真剣だった.通常の俳優たちとのインタビューとは少し違った.

多作で押し堅められたがっちりしていることときわめて親しかった 故 パク・ヨンハを通じて得た人生の経験は彼を真正な演技の ‘テクニシャン’を夢見るようにする良い起爆剤になったようだった.

◆‘カクシタル’が残した光栄の傷..8泊9日と点滴闘魂

パク・キウンに ‘カクシタル’を終えた所感を聞いたら “そのまま撮影をまたしなければならないようだ.演技のトーンがそのまま残っているようだ”と笑って見た.

“撮影最後の一週間の中で 5日は車であったし,二日は宿泊部屋を取りました.ところで私どもは 1-2時間しか寝る事ができないて宿泊をしなくて貸室をすれば良かったんです.(笑い) 作品終わってあらゆる日程を消化して日曜日をお休みに取ったが,たくさん痛くてつかれて薬を飲んで寝た記憶しかないです.”

カクシタル イ・ガンド(チュウォン)は善を代表する人物なら彼が引き受けたシュンジは悪を代表する人物で,劇の流れを導く重要な役目をした.シュンジは劇 初盤平凡な学校先生で純粋だった人物だったが,兄イ・ガンサン(シン・ヒョンジュン)とお母さん(ソン・オクスク)の復讐のためにカクシタルを使ったイ・ガンドによって自分の兄ケンジ(パク・ジュヒョン)が殺され、 '復讐'の刃を磨いて変貌したしそのように悪鬼になったキャラクター.演技するのに易しくさえないキャラクターだ.

彼は演技をしながら感情的に一番大変だった部分を教えてくれと言うと “善良だったシュンジが日本巡使に変身する部分を一番多く悩んだ”と話した.

“シュンジという人物が主人公の当為性付与のための ‘悪の軸’と思ったし,ヒーローを作り出して引き立つようにする役目だと思いました.ところでまた元々ならない人物ではなかったでしょう.時代の流れと痛みの中で変貌する姿を描かなければならなくて本当に難しかったです.両方で綱をわたる感じでした.ある一方にかたよる瞬間終りだと思いました.”

感情的に大変だっただけでなく負傷闘魂もあったから一番肉体的に大変だった点を教えてくれと言うとキ゜ク・キウンは “荒いアクションは専門的な演技者として当然すべきことで,そのように思ったより大変ではない.しかし夜が本当に多かった”と笑った.

彼は “dissolve]撮影だと眠り少しずつ寝て何泊何事ずつ撮影するのがあるのに私の元々記録は 7泊8日だった.ところが ‘クシタル’を通じて 8泊9日に更新した”と “1つのdissolveはどんなに撮ったのか記憶も出ないよ.点滴もたくさん当たった”と告白した

◆限界から脱したい ‘演技者’

ちょっと複雑な感情を演技しなければならなかったパク・キウンは徹底的な計算の下 顔の表情を作り出したの.多くの視聴者たちの脳裏に深く刻まれた シュンジの自殺する場面は彼の努力が集約されたこと.話を聞いたら少しは驚いた.

“ガンドを向い合ってから後 シュンジの自殺する部分は私が本当に多い準備をしました.徹底的にテクニックを発揮して撮影した場面です.右側の顔は笑って,左側の顔は泣いていたんです.気付いた方々がいましょうか.(笑い)”

彼は限界から脱したい人のように自分の顔を多様に練習していると告白した.パク・キウンは “他人達が見るには無駄かも知れないのに普段の顔の筋肉を持って演習をたくさんする”と “耳を動かすとか斜眼を作って見るとか,一方目だけで泣くとかすることも可能だ”と言った.

“演技者は大衆芸術人でもあるがサービス人でもあります.‘私は 100% 沒入して撮影したから君が感じなさい’ではない視聴者たちに良い場面を作って上げなければならないと思います.それで私は徹底的なテクニシャンになりたいです.完璧な技術の上に感性を降り注げばその演技を接する視聴者の目に良い場面を作ってあげるのがよいと思います.”

‘観客の目’を重要と思うというパク・キウンは “計算的な演技と思えるが,むしろ視聴者たちに效果的によく伝達することができる”と説明した.

◆スタッフとの相性を論ずる ‘俳優’

パク・キウンの演技には現場スタッフとの相性も一役した.ユン・ソンシク監督と四番目の作品なのでスタッフたちも大きい変化がなかったし,親しく過ごすことができた.

“最後の自殺シーンで私が表現したい部分を説明したんです.すると照明担当の兄さんが ‘こんなに行こう’と照明で表現をしてくださるんですよ.本当に現場は俳優とスタッフとの呼吸が重要です.”

彼は自分が現場で親切なお兄さんと同時に先輩,そして後輩の姿で潤滑油役目をするようになった事情も打ち明けた.

パク・キウンは “中堅俳優から主演,助演など誰か一人が緊張するとか震えるとか,構成員で良い演技ができなければ劇全体が搖れると思う”と “パク・ヨンハ御兄さんが現場で見せてくれた主人公としての ‘リーダー’の姿を忘れることができなかった”と言った.彼はパク・ヨンハとドラマ ‘男の物語’で一緒に演技をしたし,きわめて親しくて彼の自殺にその誰より多い涙を流した.

そのようにスタッフとの ‘呼吸’を論ずるパク・キウンは約 10年間演技をして来てその間多作をした.最近には映画 ‘最終兵器弓’とドラマ ‘カクシタル’を含めて ‘ザ・ミュージカル’ などに出演したが彼に聞いたら一 30作品位になると答をする.

“初めには助演期間なしに主人公をたくさんしました.それで肩に力がたくさん入って行ったんです.(ハハ) ところでうまくいかなかったんです.来るのが生ずるんですよ.興行させたかったし,それが多作の手始めだったが時間が経ちながら力が抜けて演技者が ‘職業’と思う瞬間、気に止めなくなって姿勢が変わったようです.これで富と名誉を得るという考えはないです.暮らすには差し支えないです.”

何か解脱したような話をするパク・キウンは “演技者で上り坂と下り坂かけて見たし,主演と助演を行き交いながらたくさん感じた”と “気に止めないようにしなさいといったご両親のお話のように今は気に止めなく演技している”と言った.

“‘カクシタル’は私に幸せで福だったようです.個人のコメントだがいっしょに会いたいです.そして私は今までのようにぽきっとのように ‘演技’をするつもりです.アル・パチーノ先生みたいな俳優になりたいです.”

関連コンテンツ

韓国俳優 パク・ギウン「男の物語」のキャラクター

韓国俳優パク・ギウンが韓国ドラマ「男の物語」で演じるアン・ギョンテという人物のキャラクターは・・ 第1話をみていて、キム・シン(パク・ヨンハ)が刑務所に連行されるシーンでパク・ギウンが初登場した・・・